独立するならFCを活用するのが早い|コンビニ経営のノウハウ

男女

運用が容易な業務用

業務用食器を導入すると従業員が働きやすくなります。食器は清潔感のあるものなので新品と傷物の交換が容易であり、費用もしっかり抑えて快適な店になるのです。導入した後はしっかり従業員になれてもらうようにすると、ずっとその業務用食器を使い続けることができます。

男女

デリバリービジネスの勧め

宅配コンサルタントの仕事は、デリバリーをビジネスにつなげるアドバイスを行うことです。店舗を構えて待つスタイルのビジネスから、デリバリーで個人宅に商品を届ける攻めのスタイルのビジネスへの変換を勧めています。

男性と女性

人件費が抑えられる

インドネシアは企業にとって、人気の高いアジア国家の一つです。人口も多く、人件費もまだ安いのが魅力となっています。日本企業でも沢山の企業がインドネシアに会社設立をするようになっていて、今後も多くの企業が会社設立をしていく事が考えられます。

労力やコストを抑えられる

客と店員

コンビニを経営する場合、その準備や運営などに多くの労力を要することがある。コンビニでは、多くの商品を取り扱う為、それらの仕入れルートの確保や、店の宣伝広告活動、日々の運営など行わなければならないことが多くある。これらのコンビニ経営においては、FCを活用することが主流となっている。FCは、大手のコンビニと契約を結び、そのコンビニの店名で運営する形態である。FCでは、加入料や売上高の何パーセントを本部に支払うなどすることで、大手のコンビニの名前で運営していくことができる仕組みである。その為、店名の周知を行う必要が無くなる。また、本部での仕入れルートなどをそのまま活用できるため、個人で仕入れルートの確保を行う必要が無い。その他、運営についても本部の指導の下行っていくということがある。FC経営では、通常本部の運営方針により商品の品ぞろえを決めたり、レイアウトを決めたりすることが多くなっている。この点において個人経営における自由さはなくなるが、確実性の高い運営を行っていくことができる。特にコンビニ経営を始めて行う場合には、運営の仕方など分からないことが多いため、本部の方針に沿って経営していくということで進めやすいということがある。FC経営における加盟料や売り上げなどから支払うお金については、本部により異なるため、どれを選ぶかが重要になることがある。その為、十分比較検討した上でFC契約を結ぶ必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加