独立するならFCを活用するのが早い|コンビニ経営のノウハウ

男性

デリバリービジネスの勧め

男女

デリバリー向けアドバイス

高齢化社会とインターネットの普及により、自宅で商品やサービスを注文する人が増えています。ネット通販で手軽に商品を購入できる時代となっています。そんな時代を見越して登場したビジネスが、宅配コンサルタントという職業です。宅配コンサルタントの仕事は、デリバリーをビジネスにつなげるアドバイスを行うことです。これまでの店舗を構えてお客様が来店してくるのを待つというビジネススタイルから、宅配コンサルタントは個人宅へ商品を届ける攻めのビジネスへの変換を勧めています。デリバリーと言えば、そばやピザなどが代表的ですが、届ける商品はなんでもかまいません。むしろ品数が多い方が、利益を出しやすいでしょう。一般的に商店経営は、立地が良くないと客足が遠のくなどと言われていますが、デリバリーの場合は、立地が悪いぐらいの方が有利に働くことがあります。デリバリーにとって、立地や配達環境などはたいして重要ではありません。デリバリーの範囲は、努力しだいで広くすることができますが、狭くなってしまうこともあります。宣伝のやり方を考えないと、注文数が増えないことになります。そば屋の出前ではありませんけど、電話を受けてから「今、出たばかりです」と答えるようなビジネスを行っていれば、やがて信用を失ってしまうようなことになるでしょう。確実に、指定された時間に商品やサービスを届けるノウハウが必要になります。宅配コンサルタントは、デリバリーの仕組みを作り、売り上げを増やす方法についてアドバイスを行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加